優良な出会い系サイトというものは、まず男女ともに会員数が多く、性別の比率も非常に安定しています。
男性の会員がどうしても多くなってしまうと言われる出会い系サイトにおいて、優良なものであればあるほど、その比率は限りなく五分五分に近いのだとか。
出会い系サイトを運営する業者にとって大きな課題は、いかにして一人でも多くの女性会員を取り込むかということ。

当然のことかもしれませんが、出会い系サイトに対する不信感は根強いのです。
漠然とした恐怖心から出会い系サイトを使いたがらない女の子は大勢います。
もちろん、価値観は人それぞれなので、世の中すべての男女に対し、「出会い系サイトを利用しなさい!」と強制することはできません。
しかしながら、出会い系サイトに対して不信感を持っている人たちのうち何割かに対して、出会い系サイトは必ずしも危険なばかりのものではないというふうに説き、一人でも多くを出会い系サイトのユーザに取り込むことは可能です。

そのための工夫として、優良な出会い系サイトを運営する業者は、女性向けのファッション雑誌やレディコミなどに、出会い系サイトの広告を展開しています。
また、宣伝の分野だけではなくサイトの中身にも非常に注意を払っていますね。
基本的に、女性の会員を引き付けたいと思ったら、いやらしさとか不潔感を与えてしまうサイトのデザインはご法度です。
もちろんそういったサイトは男性からも倦厭されるのですが、男性がウンザリするレベルと女性がウンザリするレベルは大きく違います。
極端な話、たくさんの女性会員を引き入れたいのであれば、サイトのデザインが黒一色の壁紙というだけでもうアウトです。
明らかに危険な印象を与えてしまうじゃないですか。
そういうのは女性に避けられる。

だから、優良な出会い系サイトは白やその他淡い色合いを基調とした壁紙が多く、イメージキャラクターとしてファッション雑誌で人気のあるモデルを起用したり、場合によってはCMを公開したりと、知名度と信頼性を獲得するために様々な工夫をしています。

また、優良な出会い系サイトは、万が一サイトの内部でトラブルが発生した時のために、24時間体制で会員をサポートするメールアドレスが用意されていて、初心者の方でも安心してサイトを利用できる体制が整っています。
悪徳サイトではこんなサービス考えられないですね。
ひどい場合には、サイトを運営している会社の所在地すら公開されていない場合があるのに。
また、悪徳な出会い系サイトは、運営が開始されてもすぐに問題が発覚して、行政から指導を受けるので、サイトが長持ちせずにつぶれてしまいます。
ひどい場合には、運営開始からわずか一年足らずで閉鎖するなんてこともあるわけですから、以下にサイトの信頼性を高く保つことが重要であるか、運営者サイドでなくとも考えさせられますね。